企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園で働くと待遇がいい?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/22

日本におけるビジネスではインターナショナルな感覚をもって世界を目指せる人材を求めている企業もあり、人材確保として企業内保育園を用意しているところも増えています。しかし、通常の保育園と比較してどのような違いがあるのか、メリットやデメリットを含めた働き方から企業としての待遇まで理解しておくことです。

保育士の働き方で重視されるポイントとは

少子高齢化という時代においても子供たちの位置はこれからの将来を担っていく存在のために、少しでも教育などに力を入れておきたいのが事実です。そういった背景から結婚をして子供ができたときの保育園の確保には重要性が高くなっていて、今では東京などの首都圏では入りたくても入ることができないという事情も問題視されています。

また昔からいわれていることですが、働いている保育士の給料や年収が全体的に低いことも社会問題として扱っていくことで、それと同時に施設環境の問題も見過ごせないことも少なくありません。

施設環境ではまず保育士の処遇が劣悪であるケースも見受けられるのが、残業は当たり前だったり、イベント企画などで一年中追われているために精神的なストレスが溜まりやすいことがあります。

もちろんそれ以上の恩恵だと感じて仕事をしてくれる保育士がたくさんいるので、施設としても成り立っているといえますが、何よりもこういった従業員の待遇では考えないといけません。

このようなベースがあることで、健全に保育士として働くにもかなり選ぶことが必要となっているので、働きやすさを重視したり給与を重視することで、どこか折り合いをつけている感じもあります。

新卒で保育士として活躍する人が選ぶポイントがあるとすれば、まず保育方針でその施設ではどのような保育を基礎としてやっているのか、自分が共感できる保育方針であることが重要性が高いといえます。また前述の労働環境をポイントに挙げる人は、今後働いてからの残業や給与面で自分のスキルアップになるのかどうかを見極めることがあります。

そして最も気になるのは施設内での人間関係では、園長や他の保育士とのコミュニケーションができるかどうかで判断する人もいますので、トラブルが起こる人間関係をポイントにあげる人もいます。

比較できる働き方やメリットがある

一般的な保育園ではなく企業内保育園ではどのような働き方になるのかを知ることで、広い視野で仕事を選ぶことができるようになります。

まず企業内保育園ではシステムがどうなっているのかというと、企業で保育園を運営している場合もあれば、また委託をして保育園として利用しているのがあります。

これはその企業で働いている人向けの保育園ですから、例えば女性従業員で子供を預けることができないことや、遠くに通って預けることをしなくてもいいので、安心して仕事に集中できるシステムです。今ではさまざまな形態に分かれていることもあり、これ以外でも共同設置されている保育園では、単一企業だけではなく近隣企業でも利用できたり、グループ企業で共同利用できるところもあります。

そのために必要な人材の保育士として働く人には、もらうことができる給与が比較的高くなる傾向もあるので人気がある働き方の一つです。大企業で保育園をやっているケースでは、働いている従業員と同じくらいの年収になることも保育士でも可能なことや、残業代はもちろん福利厚生もしっかりしていることから生活に関する負担は少ないといえます。

また企業内保育園の保育士への待遇では、少人数制のところが多いのでイベント企画などもやりやすいことや、なかにはイベント自体が仕事の関係上できないことあるので、仕事量が他と比べると少ないところもあります。

だからといって給与が安いということではなく、あくまでも保育士としての仕事に応じて企業が支払ってくれますので、雇用されていると安心できるシステムです。

そして何よりも大きなメリットといえるのは、働く環境は風通しがいいので長く続けることができるのも特徴といえます。風通しがいいというのは園児が少人数ということからも、保育士も少人数でやっていることでグループや派閥ができにくいので、コミュニケーションがとりやすく仕事をしやすい環境です。

転職をする人には園長先生や他の先生とうまくやっていけなかったことから、他のところに転職をしてしまうケースも少なくありません。このようなコミュニケーションによる悩みを働いている保育士が抱えなくてもいいのがメリットになり、企業内保育園で働くことの待遇の良さということがわかります。

自分にあっているかどうかがポイント

将来を背負って保育士として働くには企業内保育園の良さがわかりますが、では本当に自分にあっているのかどうかがポイントになってきます。他と比べて給与が高いとか、福利厚生などの待遇がいいということや、仕事内容のスケジュールを知って働ける環境だと判断したとしても、自分にあっているかどうかはまた違う問題です。

まず毎日のように保護者が近くにいることからもわかるように、いつでも立ち寄ることができる保護者とのコミュニケーションを重視しなくてはいけないことがあります。

保護者との会話などは保育士にとってストレスに感じる人もいますが、うまくコミュニケーションをとることによって、スムーズな話もしやすいというメリットがあります。特に子供のことですから一日のうちで気になったことをすぐに報告することができますし、休憩時間に様子を見にくる人もいますので何かしらの会話のチャンスです。

こういったときに話をすることや、連絡帳に意図を話しておくことで保護者の人も安心して任せることができるようになります。また少人数ですから子供たちと向き合って教育に携わることができるので、保育方針をベースにしていろいろな感性を育てることができます。

外での時間をどのように過ごすのか、保育士としてのスキルアップをすることも自由な発想でやっていくことが将来につながります。働き方の方法として企業内保育園でやっていくことが自分にあっていると感じている人は、新しい企業の発想として求人があるので探してみるのもいいです。

しかし、こういった他と違って待遇やメリットがいいということは、それだけ働く意識をもった人の倍率も高くなっていることは間違いありません。それでもこれから参入しようという企業もでてくることはわかっているので、保育士の技量を試すにもチャレンジしてみる価値があります。

 

人材の確保が必要とされている保育士は、働いている給与の問題や施設のことなども含めて重視されるポイントがあります。年中あるイベント企画を考えたり残業なども当たり前にこなさなくてはいけないことや、子供たちのことを保護者と一緒に考えることでも時間が限られています。

働き方として企業内保育園というのがあり、これは企業での待遇がよいケースがあるので働きやすかったり、給与が高いというメリットが豊富です。うれしいのは福利厚生なども企業としてやっているので、そこで働いている従業員と同じだけの年収を稼ぐことができる保育士も少なくありません。保護者とのコミュニケーションをとることが苦にならないのであれば、働き方としてはとても未来に向けた創造ができるのがメリットといえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧