企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園の勤務スケジュール例

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/19

近年増加傾向にある企業内保育園には様々な働き方の形があります。一般の独立した保育園に比べて企業の論理で動くことが要請される分、企業内保育園には企業の事情に合わせてスケジュールが組まれる可能性を考慮する必要があります。

 

スケジュールがどのように決まるかは企業次第

企業内保育園の場合、その設立の目的に企業の活性が挙げられていることが少なくありません。そのため保育園の存在意義が企業に勤める従業員の働きやすさの向上を目的としています。そこに従事する保育士に求められるのは、企業が求める保育のニーズを如何に満たすかであると言えるでしょう。

従って勤務スケジュールも企業側の求めるものになるという特徴があります。一般の保育園では満たすことが難しいニーズに対応するための仕組みですので必然です。 一般の保育園の場合には不特定多数の子供を預かるという仕組みの関係上、一定のルールに沿って運営をする必要がありますが、企業内保育園の場合には外部の子供を受け入れていないこともあります。

その場合には、企業側の事情に合わせて最適化したスケジュールでの仕事になる場合もあると考えておくことが必要になります。企業の要請には短時間型の場合もあれば、夜間を含む長時間型もあるでしょう。

あるいはそれらが混合する不規則勤務になることも可能性としては考えることが出来ます。この仕組みについて、働きやすいと考えるかどうかは受け手側の問題であると考えられることになります。

 

一般の保育園よりも短い勤務時間になる例

企業内保育園の場合には、短時間勤務になる場合もあり得ます。これは企業側が子供を預かってほしいと考えている時間帯が午前中に集中する職場の場合などに考えられるものです。このケースでは必ずしも夕方まで子供を預かるという仕組みが必要ありませんので、短時間でのお勤めが前提となるでしょう。

この仕組みがライフスタイルに合う保育士もいますので、このような勤務スケジュールも歓迎される場合もあります。 このような仕組みの場合、一般的には午前中の運営になることが多いのですが、企業のニーズに合わせて様々な仕組みが用意されることになります。

一般の保育園ではなかなか柔軟な対応をしてくれない場合でも、企業内保育園であればかなり柔軟に物事を考えることが出来るというメリットがあります。

企業内に企業主導で保育園を作ろうとする場合のメリットはこのような部分に如実に表れますが、原則として企業側に都合の良い仕組みを構築して、子供を持つ従業員が安心して働くことが出来る環境づくりに積極的に対応することが出来るような動きが求められているのです。

 

一般の保育園よりも長時間保育になる例

企業内保育園には、一般の保育園にはあまり見られないスケジュールで運営するケースも存在しています。

例えば早朝や夜間の託児に対応してくれるという仕組みを作ることが出来るのも、企業内保育園のメリットの一つとなります。極端な例では24時間運営する保育園を必要とする場合もあるでしょう。そのような仕組みを維持することは困難な場合もありますが、それでもその価値を評価して導入しているケースは存在しています。

企業が保育園の設置に力を注ぐ理由としては、安定した人材の確保を実現するためなのです。 具体的には大勢の女性が深夜帯に働く職場になるのですが、病院などはその典型例にあたります。夜勤の看護師の子供を預かる場所が病院内にあることによって、安心して働くことが出来るようになるのです。

このケースでは入院設備がある場合などには24時間対応になる仕組みもあり得ます。このように、一般の保育園での託児が不可能な場合でも柔軟に対処することが出来るという点において、企業内保育園という仕組みには柔軟性と将来性が感じられるのです。

 

イベント系のスケジュールは少なめなのが特徴

一般の保育園と企業内保育園を比較した場合の違いにはいろいろなものがありますが、働く側から感じる特徴にはイベントの数に関するものが挙げられるでしょう。

一般的な傾向として、企業内保育園はイベントの数が少なめになっていることが多く、準備に追われる保育士の負担も軽減されることになりやすいです。それがメリットとして感じられるかどうかは個人差のある問題でもありますが、仕事量については一般的に少なめであると考えることが出来ます。

これはスタッフのスケジュールを穏やかにすることにも関連してきます。従って、余裕のある環境づくりには一役買う傾向があります。イベントに消極的な所では全く実施されていない場合もありますし、小規模に実施するに過ぎない所もあるでしょう。

いずれの場合でも、企業内保育園が比較的小規模に運営されることが多いものであるために、各保育士にかかる負担についても相対して安定したものになると考えることが出来ます。実際に勤務を検討する場合には事前に確かめることも出来ると考えられますので、仕事上気になる部分はあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

勤務スケジュールは緩めになることも多いかも

企業内保育園の場合には、運営スタイルが大きく分けて二種類になると考えられます。

一つは保育士を含む保育園のスタッフを社員として直接雇用して従業員とする場合です。

そしてもう一つは保育園業務の委託という形で外部のスタッフを招き入れる場合です。これらは保育園の規模に応じて使い分けるものであると言えますので、どのような役割を期待されているのかが明確になることによって決まってくるものとなります。 前者の直接雇用の場合は、比較的緩めの勤務になることもあるでしょう。

少人数の場合に直接雇用の検討をすることになりますので、必要な時に必要なだけという働き方を求められる場合もあり得ます。安定した利用にはならないケースもありますので、その時々で最適な方法を会社の業務の一つとして見る必要があります。

後者の場合には委託ですので完全に任せてしまうことも出来ます。大手企業の場合には専門の会社とのパートナー関係の中でニーズを満たすことになります。ノウハウを持ったプロの集団であることが基本ですので、安全性が高く働きやすい基本的な仕組みが導入されることになります。

 

企業の事情に合わせたスケジュール管理が重要

働き方というのは非常に重要な要素である一方、企業内に作られる保育園の場合には企業の利益になる方向で検討を深める必要があります。保育園を社内に設置しようとする目的の中には高い確率で従業員の安定的な確保が目標になっている場合が多く、それを実現させるための手段としての保育園であることを考えておくべきです。

従って原則として企業側の事情に合わせて動かなければなりません。ここが一般の保育園との大きな違いにあたる部分であると言えます。もしも短期間の運営を望まれるのであればそのように対応しなければなりませんし、長時間の運営が必要になる場合には何回かの交代という仕組みでの対応が必要です。その流れを詳細に打ち合わせておくべきです。

極端なケースになると日によって保育の必要な時間に大きなばらつきが出る場合もあるでしょう。それらを柔軟に受け入れることが企業内の保育園には求められることになります。そのため、設置前の段階からニーズに関してはしっかりと確認しておくということが重要です。そうすることによって本当の意味で企業の活性化につながることになります。

 

企業内に作られる保育園の目的はあくまでも企業を構成するスタッフのパフォーマンスを上げるというものですが、実際には出産をきっかけとする退職をなんとか抑制しようという考えを一部持っています。

そのための仕組みとして企業の中の保育園に期待が集まっています。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧