企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園の仕事に向いている人とは?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/09

企業内保育園では、その会社に勤務している親の子供を預かる仕組みになります。当然ながら企業内保育園の中で保母さんとして働く人もいるわけです。では保母さんになるために向いている人は一体どのような人でしょうか。その特徴をいくつか見ていきます。

土曜日や日曜日以外で働ける人は向いている

企業内保育園は、土曜日や日曜日に休み平日バリバリと働ける場面が多いため、平日にしっかりと時間を確保し仕事ができる人は向いている傾向があります。通常企業内で保育園を営む場合には、社員の都合に合わせて園を開くはずです。

日本の企業は土曜日や日曜日に仕事をしている人が昔より増えてきていますが、それでもまだ日曜日・土曜日は休みにしているところが多いでしょう。週休2日制となると、土曜日や日曜日お休みにして平日に働くスタイルが基本になるわけです。

企業内の保育園を営む場合でも、社員の出勤に合わせるのが基本です。なぜなら、そこの社員やスタッフの子供を預かるからです。

逆に土曜日や日曜日など人があまり出勤していない時間帯はわざわざ企業内の保育園を開く必要はないといえます。そうだとすれば、必然的に平日の時間帯に働ける人が採用されやすいと言えるでしょう。基本的に企業内の保育園での土曜日・日曜日は、ほとんど出勤をする必要がありません。

ただし、会社によっては土曜日も開いているところがありますので、平日と変わらないように出勤する可能性があります。この点に関しては、その企業がどのようなスタイルで仕事をしているかをよく調べて応募するようにしましょう。

平日の昼間に働く時間の長さは、その会社がどのような勤務スタイルをとっているかによっても変わってきます。例えば、働き方革命により夕方5時の段階で仕事を終えるスタイルならば、早めに保育園の仕事も切り上げることが可能になるでしょう。

特に日本の企業は、先進国の中でも作業効率が悪いと言われており、赤字化している会社も多くなります。そこで会社として考えられるのは、より働き方革命を忠実に実践して、今までより濃縮した仕事をすることで、残業時間を減らすようにする可能性が高いです。そうすると働く人も残業時間が少なくなり長い時間働かなくなくても良くなります。

しかしながら、会社によってはまだ残業をすることが当たり前になっているところもあります。このような場合には、会社により労働時間や働く時間帯が左右されることになるため、勤務時間を十分にチェックをしておくことが重要になるでしょう。

あまり園内行事をしたくない人か有給休暇を取りたい人

保育園と言えば、運動会や授業参観などさまざまな行事があります。保育園の種類によっても異なりますが、行事が好きな保育園の園長などは、1ヵ月のうちにたくさんの行事を詰め込むことになるでしょう。

例えば授業参観が2ヵ月に1度あるところや保護者会などがあり保護者としては毎月のように保育園の行事をこなさなければいけないこともあり得るわけです。用事が少ないところでも、運動会や学芸会など1年を通じれば毎月のように行事があるところも珍しくないわけです。

ところが、企業内保育園の場合は少し状況が異なります。もともと会社の中にある保育園のため例えば参観日等はかなり限られてくると言えるでしょう。なぜなら、仮に参観日を設けたとしても保護者が同じ日に休みを取り参観に赴く可能性が少ないからです。

参観日ならば、まだ休むことができるかもしれませんが親子遠足等はなかなか実施するのが難しいでしょう。その日だけは、従業員が少なくなってしまう可能性があります。もちろん場合によっては、土曜日や日曜日などをつぶして親子遠足などをしてみても良いかもしれません。

ただその場合には、貴重な休みを奪うことになるため、あまり年に何度も行事を入れることは難しくなるでしょう。企業内保育園は会社の中でオープンしている保育園のため、従業員の仕事のスケジュールなどを考えると行事が必然的に少なくなるわけです。

もし保育園などで働きたいけども、あまり積極的に行事に参加したくない人は企業内の保育園に勤務をすることは向いていると言えるでしょう。

もう一つは、有給休暇が取りやすいのもポイントになります。一般的な保育園は、慢性的に保育士が不足していることや保育園独自の風習がありなかなか有給休暇が取りにくいわけです。スタッフが不足していると、休みにくいのは民間の会社でも同じでしょう。

この点は仕方がないとしても、保育園独自の風習が古くからあり、少し古いスタイルを採用しているところがいまだにたくさんあります。ところが企業内保育園の場合には、それほど歴史が古くなく、新しい仕組みを取り入れることに対して何ら抵抗はありません。

会社に属している保育園になりますので会社が有給休暇を推奨しているならば、当然そこに属している保育園スタッフも有給休暇が取りやすくなるわけです。このように、過去に縛られないことなどを考えても有給休暇を積極的に取りやすい人には向いているといえます。

アットホームなところで働きたい人も向いている

一般的な保育園は規模の大小はありますが、大きなところは園児が数百人ほどいることもあります。ところが企業内の保育園は、大抵規模が小さいのが特徴になります。大企業が運営している企業内の保育園でも、園児を数百人ほど集めることは難しいです。

そのため、一般的には十数人の保育園や多くても30人程度の生徒しか集まらないことがあります。このような保育園の特徴は、とにかく小規模に徹することになるでしょう。小規模な保育園の特徴は、アットホームな雰囲気が漂っており、アットホームな雰囲気を好む人にとっては向いているといえます。

アットホームのメリットの1つとしては、保育士の間の連携も密になることです。つまりここからわかることは、保育士とのつながりに対して抵抗を感じない人もやはり働きやすい職場と言えるでしょう。

保育士同士だけでなく、保護者との関係も密接になる可能性があります。保護者と話すことに対して抵抗を感じる女性は少ないようです。このように、特に保護者と話をすることに対して抵抗を感じないならば働きやすい職場になり得ます。

企業内の保育園では、企業に直結しているため独自の報告書等の提出が求められることがあります。報告書を書くことを好んでいる人はあまりいないかもしれませんが、書類を書くことに抵抗がない人も向いているといえます。

報告書といっても、そこまでガチガチの内容ではなく、その日あった日報等を報告することや毎月1回だけ月報を報告するなどの仕組みが求められる傾向にあります。

 

企業内保育園で働くのに向いている人の特徴の1つは、平日にバリバリと働ける人です。会社によっても若干異なりますが、会社の多くは土曜日や日曜日が休みになっています。そうすると、従業員も保育園に子供を預けておく必要がないため、必然的に保育園で預かる子供も大幅に減少するでしょう。スタッフも土曜日や日曜日に出勤する可能性はないため、平日がっちりと働きたい人にとっては向いているといえます。

また園内行事が少ないのも大きな特徴の1つです。現代行事をおこなうと、保護者が一斉に参加することになりますが、その保護者もその会社に働いている人のため、園内行事をしたその日は仕事が回らなくなる可能性があります。

園内行事をするにしてもかなり限られた回数になることが予想できます。園内行事をあまりこなしたくない人にも向いています。それ以外でも、アットホームな雰囲気を大事にしたい人も向いているでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧