企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園の園児の人数はどのくらい?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/05

社会生活の問題として「待機児童」がありますが、そんな問題を解決することができるのが企業内保育園であり、会社自体で運営していることで働くにも安心できるのがメリットです。一般保育園と違い知っておきたい基本的なことはいろいろとありますが、園児の人数はどれくらいいるのかは気になるところといえます。

核家族化や共働きによって必要性が高い

企業が働く従業員のために設置することができるのが企業内保育園で、社会問題となっている待機児童を解消することができるので注目されています。

またビジネスでは女性の役割が重要視されていることからも、社会進出の促進という側面ももっていることから、これからの時代には必要性が高いです。過去には病院などの医療施設では女性従業員として看護師がいたことから、働きやすい環境づくりということで施設内に導入されていたのが基本ベースとなっています。

時代の変化によって家庭環境からライフスタイルまで、昔とは大きく変化してきているのも核家族化が進んでいることや共働き世帯が増えていることが挙げられます。核家族化では結婚をして両親と一緒に暮らすことがなくなり、子供の面倒をみてもらうことができない事態になっていますし、また近くに住んで入ればいいですが遠い場合には難しいです。

そして共働き世帯では夫も妻も結婚前から働いている環境で期待されている仕事を任されていると、なかなかやめることができないこともあります。特に今では女性だけが家庭に収まるという考え方は古くなっており「主婦」ではなく「主夫」という言葉がでていることからも、夫が育児をする家庭も少なくありません。

しかし、こういった環境づくりはとてもレアなケースで、やはり共働きというベースを崩すことができないので、子供が生まれた場合には保育園や幼稚園に入れることが普通です。

問題となっているのはすぐに保育園に入ることができるかどうかというと、複数うけても入ることができないケースは増えてきています。これは受け入れる施設時代が少なくなっていることや、キャパシティーの問題があると受け入れ拒否などもあるかもしれません。

そんなときに頼りになるのが企業内保育園になり、企業がそのまま運営しているケースもありますが、委託によって保育事業者に任せるところもあります。働いている従業員の枠を企業が決めることができるので、子供の人数が想定できるのは保育園としてもやりやすい環境となっています。

また緊急事態が起こったとしても、働いている施設ですからすぐに駆けつけることができますので、精神的な安心があるのもとても素晴らしいリットです。

子供がどのくらいいるのか

企業内保育園はただ保育士が子供を預かっているスタイルではなく、委託保育事業者によっては教育にも力を入れているところもあるので、それぞれの良さを引きだすことができます。

また子供のうちに身につけておきたい想像力で自由な発想を期待できますし、表現力があがることで感情のだせる人間形成は成長の証です。気になるのはどのくらいの人数で運営をしているのかということですが、地方と違い人口が多い東京都などの特別区では助成金の対象となっている事業所がありますので、他の地域と比べると大きな違いがあります。

こういったことから比べると、一般的に考えられるのは一つの施設で10人くらいから多くても20人くらいが企業内保育園の想定だといわれています。

預かることになる子供の年齢も0歳児から2歳児ということでは、そのくらいの人数でもかなりの仕事量を必要としますが、親が近くにいるということは預かっている保育士にとってもストレスが低いといえます。

まず10人以内の少人数で預かってもらうことでは、子供同士が顔見知りになり、乳児でも環境になれやすくストレスが少ないのがあるので、とても通わせやすい環境です。また少ない人数ではトラブルがあったとしても想定の範囲内で起こりえることがわかるので、対応をすることができますし親が近いというアドバンテージは企業内保育園の最大の特徴です。

20人くらいの人数がいるケースでは、子供が多くなることで目をかけて気をつけることが多くなってきますので、それだけ注意をすることになります。子供が多いからといってデメリットになることではなく、それだけ環境の変化に対応できる子供になることができますし、また友人なども多様性があるので作りやすいです。

また10人以上の人数になると友達同士のグループができあがることもありますが、まだ小さなうちのグループ作りですので、楽しんで人間関係を触れ合うことができます。その他にもお友達の影響から新しいことを覚えてきたり、絶えず笑顔があることで自宅でのわがままやストレスがなくなると家庭生活でもいい子でいれる時間が増えてきます。

利用してよかったことは「ストレスの軽減」

このような企業内保育園が目立ってくるようになると働きたい女性が増えてきて、働きながらキャリアアップを将来的にしていきたいという人も多くなります。子供の問題は自分たちの将来と同じですから、こういった施設を利用してよかったという人には「時間の融通がきく」ということが一番のメリットになっていることです。

これが違う保育園では当たり前のように施設側に合わせなくてはいけないことや、よくある緊急のことで融通をきかそうとしてもうまくいかないことが多々あります。それを自分都合で動くことができることや、現場が働いている企業という施設が同じことは子供のことを心配する必要もないのでストレスが軽減できます。

実は子供を預けている親にとって、働いている時間でも子供のことが心配だという人はたくさんいて、心配してもどうしようもないのはわかっているが頭から離れない親もいます。

これは親としての当たり前の反応で、自分の身内や両親であれば預けていても対応をすることができるが、保育園に預けることのストレスも変わらなくては働いている意味がないです。

企業内保育園はこういった働く親のストレスも軽減できるので、自分が駆けつけていける距離ですし、休憩時間でも様子をみにいけることは働く人の精神状態を保つことができます。柔軟な対応ができるのは時間厳守をしなくても、多少は遅れても構わない姿勢をつくることができますし、子供を預けている世帯ということでは残業などにも対応してくれます。

また近年は増えてきている自然災害では地震は突然やってきますので、近くにいる安心感はそういった突発的な予期せぬ事態がおこったときにも有効なことです。預かっている施設でも、親が近くにいることで安心できるのでウインウインの関係をつくることで、求められることをこなせるのも少なくありません。

 

核家族化や共働きによって保育園などの施設は重要ですが、子供がいる家庭でも入りたくても入れないケースがあります。これを解消してくれるのが企業内保育園になり、働いている環境で子供を預かってもらえることから、いつでも会える安心感からストレスなくキャリアアップできます。

人数も10人から20人くらいでみているところが多く、子供にとってもより良い環境になっていることも助かります。少ない環境でもお友達ができますし、感性を磨いて想像力や表現力をつくることができるので、日々の成長が楽しみになってくることは間違いありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧