企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

「企業内保育園の保育士」の求人の探し方

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/12

企業内保育園は企業の中に併設されている保育園です。子供がいる方でも就業中に預けておくことができるため、子育て世代の方にとってありがたい存在です。特に女性の社会進出の役に立っており、子育て中でも休業せずに働くことができます。

 

 

企業内保育園の求人は簡単に見つけることができる

企業内で運営されている企業内保育園の特性上、保育士の求人は簡単に見つからないと考えるかもしれません。しかし、こういった情報は簡単に見つけることができます。

現在では仕事の情報はネットでも簡単に得られるようになっていますが、企業内保育園の仕事の情報もネットを介して得られるようになっています。探し方は、求人サイト内の条件を指定できる機能を使います。数多くある仕事情報の中には、普通の保育園の情報もありますので、それを一つ一つチェックしていくのは大変です。

ただしフリーワード検索を使えるのが一般的で、そこに企業内保育園と入力して検索をすれば該当する場所だけが出てきます。あとは自分の条件に合っているところを見つけていけばよいです。

それについても複数の条件指定が可能になっているため、こだわりたい条件を加えていくと比較対象になる保育園の情報は少しだけになるので見つけるのには苦労しません。サイトによってはあらかじめ企業内保育園というカテゴリーを用意していて、一段階目の絞込検索をしなくても良いところもあるので便利に活用できます。

 

保育士専門の求人サイトの方が情報は多い

サイトはいろんな会社が運営していますが、おすすめは保育士専門の求人を扱っているものです。その理由は、そちらの方が情報量は多く希望条件に合致する仕事を見つけやすいからです。

一般のサイトは特定の層をターゲットにしているわけではありませんので、様々な業種の仕事情報が扱われています。多くの人に使ってもらえる特徴がありますが、採用したい側にとってはターゲット層が十分に見てくれない可能性を懸念します。

その点、専門のサイトであれば最初から仕事を求めている人は保育士だけということになって見てもらえる可能性が高まるため、こちらの方に掲載を決めることが多いです。その結果、たくさんの情報が集まっており、中には魅力的な条件で募集している物も見つけられます。

数が多くなると探すのが大変と思うかもしれませんが、条件を指定して絞り込める機能は専門のサイトにも当然あるため問題はありません。いずれのサイトも登録不要で無料で活用することができるため、気軽に活用してください。中には上手な探し方や面接の受け方といったためになる情報もあり役立ちます。

 

企業内保育園で働くメリットは何か

一般の保育園ではなくあえて企業内保育園で働くメリットは多々ありますが、比較的小規模で運営されているため、一人一人の子供の面倒をしっかりと見られることがまず挙げられます。

保育士の数は不足しているといわれており、足りていない保育園では一人が見なければならない人数が多く、その分一人の子供を見る時間は減ってしまいます。これは、ゆとりをもって子供の成長を見守りたいと考えている保育士の方には苦痛に感じてしまうでしょう。

また、それにより仕事の負担は重くなって精神的にも肉体的にも疲れてしまうといった事態に陥る方もいるかもしれません。その点、企業内保育園は利用者がそこで働く従業員に限られていることや、まだまだ小さな子供がいれば育児休暇をとるという方も多く利用者が少ないといったことなどから、余裕をもって面倒を見られる環境が整っています。

企業のカレンダーと連動しているので、年末年始やお盆などに休みが取りやすいというのも、私生活と仕事を両立できる点で働きやすいといえます。これらに魅力を感じるなら、企業内保育園を選ぶのがおすすめです。

 

転職サイトを活用するのもおすすめ

保育士としてすでに働いていて、転職して企業内保育園で働きたいという方は、転職サイトを活用するのもおすすめです。こちらは転職専門の情報が集まっていることから、経験者の方を前提とした仕事だけが集まっていて、条件も一般の募集に比べると高い傾向にあります。

さらに転職サイトでのみ扱われている非公開情報もあるので、より条件の良い仕事を見つけることも不可能ではありません。一般のサイトの場合は、仕事を載せているだけということが多いですが、転職サイトの場合は面接までのサポートや、相談などをしてくれるコーディネーターが付いてくれます。

そして肝心の仕事の情報量ですが、保育園の仕事情報も豊富に取り扱われているため、肝心の求人が載っていないということにもなりにくいです。 やはり、転職の場合は普通の就職と違った視点で就活をしなければならず、求められることも異なります。

それを自分一人でやっていくことは精神的に辛いですが、充実したサポートを受けて行うことができれば安心感があります。転職を考えている場合は、ぜひこちらを活用してみてください。

 

いくつか候補を見つけてより良い条件に絞る

あまり多くの情報を比べると、どれが良いか迷ってしまいます。しかし、一つの情報だけを見ていてはそれが良いかどうかわかりません。もしかしたらもっと条件の良い職場があるかもしれません。

そこで、企業内保育園の情報は複数比較して、最終的により良い条件を見つけるのがおすすめです。相対化できるため、意外とスムーズに候補を絞ることができます。このとき、あらかじめ自分が働く場所に求めたい条件をしっかりと決めておかないと、比較する意味がありません。

例えば、給料の高さや休みの取りやすさ、保育園児の数など比べられる条件は数多くあります。すべてを満たしている職場は見つけにくいですが、譲れない条件と妥協できる条件をあらかじめ決めておき優先順位を定めておけば比較がしやすくなります。

求人情報にはそれぞれの保育園のセールスポイントが数多く書かれており、比べる情報量は不足していません。問題はそれをどう活用するか仕事を探す側にあり、ミスマッチを防ぐためにもこれは最初に決めておくべき点です。そうすれば、迷うことがなくなります。

 

資格を持っていなくても働けるところがある

企業内保育園は企業の中に施設がありますが、それを企業が自社で運営しているわけではなく、ほとんどが外部の会社に委託して運営されています。法律上は認可外保育所の扱いなので、保育士資格者の数の定めがなく、資格がない方でも募集しているケースは多いです。

したがって、これから資格を取るために働きたいという方や、資格はなくても子供の世話が好きだという方にもおすすめできます。求人サイトの募集要項を見ると、保育士であることが条件かどうか書いてありますので、そちらをチェックして見つけていくと良いでです。

条件指定で検索すると、最初から資格なしでも働ける場所を見つけるのは簡単です。持っている人と持っていない人の両方を募集しているケースもあります。企業内保育園は比較的小規模であり、人間関係のわずらわしさもないというメリットがありますが、こうした特徴はこれからステップアップしたい方にとっても最適な環境です。

特に、真剣に保育士を目指すために実務経験を積みたい方には、ファーストステップにふさわしい場所と言えるでしょう。

 

求人サイトを利用すれば、企業内保育園の求人情報は簡単に見つけることができます。労働条件が良く、ゆとりをもって子供の成長を見守ることができる職場でおすすめです。興味がある方はぜひ、募集情報を調べてみましょう。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧