企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園がある会社の探し方

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/28

待機児童問題など、小さな子供がいて働こうとすると子供の預け先が問題になります。

企業内保育園がある会社なら子供の預け先に悩む必要がありません。

そういった会社の求人の探し方が分かれば、求職活動もしやすくなります。

 

企業内保育園は会社によって特徴がある

企業内保育園といっても会社によってそれぞれ特徴があります。

まずは手ぶらで登園できるところです。企業内保育園は会社の中に設置されています。人との多い通勤電車に小さな子供を連れて、保育園に必要な荷物をたくさん持っていくのは大変です。手ぶらで登園できるところでは、洋服や布団などの洗濯やオムツの用意などもしてくれます。子供を連れて通勤する負担を少しでも減らせます。

ただ子供を預けられるというだけでなく、子供のことを考えた充実した保育内容のところもあります。自然と多く触れ合うように散歩へ積極的に出かけたり、広々としたスペースになっていたりします。

また、食育を重視したプログラムになっているところもあります。給食やおやつは栄養士がしっかりと管理して調理を行うなど、子供の体の成長にとっても良いです。

せっかく子供を預けるなら少しでも環境の良いところに預けたいという親がほとんどです。仕事を探すことがメインですが、どういった保育内容になっているか調べてみるのも良いです。会社の事業内容などによっても保育内容にこだわりが違うことがあります。

 

企業内保育園の運営方法の違いについて

企業内保育園には2種類の運営方法があります。まずは保育園の設置から保育士の採用、管理など全てを自社で直接行う自社運営です。もう一つが保育園は設置しても保育士や管理などを専門の会社に委託する方法です。

自社運営の方がコストはかかりませんが、保育園の運営は専門でないため、問題が起きたときのノウハウがないなど保育士などが仕事をしにくいこともあります。積極的に運営しているか見極めることが重要になります。積極的に運営しているところなら子供も安心して預けられます。

委託運営は、コストはかかりますがプロが運営するためノウハウや経験などがあります。どのように運営して良いか分からない場合などは、委託運営をした方が問題を減らせます。

委託運営も会社によって特色があります。中には託児機能を満たしているだけでなく、教育機関として役割を果たせていたりします。幼児教育として人気のある、リトミックや英会話教室などのプログラムが組まれている場合もあります。委託運営の場合は、どこが運営しているかによって特色が違います。

 

企業内保育園のメリットについて

企業内保育園があるメリットは、求職中の親にとって預け先に悩む必要がないだけではありません。まずは保育料が安いところも多いところです。

時短勤務などでは保育料で給料のほとんどがなくなる場合も珍しくない中、負担を減らすためや福利厚生の一環など料金が安く設定されています。 同じ施設内で仕事をするため親子ともに安心できます。

中には、働いている親を窓越しに見られるようになっていたりします。保育園へ行くのが嫌で泣く子供にとっては、親が身近にいることが感じられると安心できます。

親も昼休みなどに簡単に子供の様子を見に行けます。 小さい子供を預けるときによくあるのが体調不良です。

保育園から熱が出たので迎えに来てほしいと連絡を受けることは珍しくありません。同じ施設にいるのですぐに迎えにいけるうえ、仕事の途中で抜けることの気まずさも軽減できます。

企業内保育園があるということは、子育てをしながら働くことに理解があるということです。また、残業などでどうしても迎えに行けないときは、延長で預かってもらえるなどの融通がきいたりします。

 

企業内保育園のデメリットについて

一般の保育園に比べてデメリットもあることを理解したうえで利用することが大切です。施設内に保育園があるので、園庭がないところも多いです。散歩などを取り入れていたりはしますが、園庭で子供が遊ぶことができません。

保育スペースも狭い場合があります。施設内に保育スペースを確保しようとするとどうしても限られてしまいます。のびのびとした環境で育てたいという親にとっては不満を感じることがあります。

また、子供と一緒に通勤電車に乗る必要があったりします。小さな子供を連れて満員の通勤電車に乗るのは大変です。ぐずったりすると周りの目が気になったりと、親子ともにストレスになります。とくに小さな子供の場合は、着替えやオムツなどの荷物も多いため、その荷物と子供を連れて通勤する必要があります。

一般の保育園なら家の近くなども選べ、親が休みの日でも保育園がやっているときなら預けられます。

しかし、企業内保育園の場合は会社を休むと預けられないため家でゆっくり過ごすことができません。体調不良で休んだときは家で寝ていることも難しくなります。

 

企業内保育園のある求人の探し方について

企業内保育園のある求人の探し方は色々ありますが、自分で探すよりも紹介してもらった方が手間は省けます。紹介してもらうためには、転職エージェントに登録するのが良いです。

転職エージェントは専任の担当者が付いて、自分の希望に合ったところを探してくれます。就業時間や職歴なども加味してプロが紹介してくれるので、より働きやすい職場に就職できる可能性があります。

転職エージェントを利用する場合は、1社だけでなく数社は登録しておいた方が良いです。企業内保育園がある求人は多くはありません。そのうえ同じように希望をしている人もいるため、倍率も高くなります。数社利用しておくことでいち早く求人の情報を手に入れられます。

また、担当者によって相性が悪かったり子育てしながら働くことに疎くて良い求人を見つけられなかったりします。相性の良い担当者を見つけるためにも数社登録しておいた方が良いです。

転職エージェントは基本的に無料で利用できるため、何社登録しても費用の負担はありません。無料なので気になる転職エージェントがあれば登録しておきます。

 

面接をするときの注意点について

求人を探せても、面接を受けて合格をしないと働くことはできません。

面接を受けるときの注意点として、保育園があることを理由にしてはいけません。子育て中の親にとって預け先の確保は、働くうえで重視するポイントです。しかし、会社は良い人材を確保するために提供しているサービスです。

良い人材がいれば採用して利用して欲しいという考えで、保育園を志望動機にはして欲しいとは考えていません。志望動機は、あくまでどんな仕事をしたいかなど一般の場合と変わらないものを要求しています。

志望動機に保育園があるからと言ってしまうと、仕事は何でも良いと受け取られてしまい、仕事に対するビジョンがないと思われるからです。数少ない求人が無駄になってしまいます。

転職エージェントを利用して面接を受ける場合は、担当者から面接のときのアドバイスをしてもらえます。志望動機も一緒に考えてもらえるので、何と答えて良いか分からない場合は積極的に相談をした方が良いです。

面接の練習もしてもらえるので、ブランクがある人などは転職エージェントを利用するとさまざまなアドバイスをしてもらえます。

 

女性の社会進出が増えている中、企業内保育園を設置するところも増えています。企業内保育園というと大手企業のイメージがありますが、中小企業でも設置しているところが増えています。人材確保をするために設置している場合もあるので、求人を探すことも難しくなかったりします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧