企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園で働くと土日休みになる?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/05

従業員のために企業内保育園を設立するという流れがあります。会社の中に保育園があると、そこで安心して子供を預けることができますし、何かあった時にもすぐに駆けつけることができますので、従業員にとっては安心できると言ってもいいでしょう。勤務体系は普通の保育園と同じなのでしょうか。

企業の勤務日に合わせた形で決まる

企業内保育園の場合は、企業を活性化させることを目的にしており、そこで働いている従業員の福利厚生のために設立しているという経緯があります。そのため、勤務時間に合わせた形で保育園が開園していると言ってもいいです。

例えば、勤務時間が平日の9時から18時までということであれば、保育園もそれに準拠した形で開園しているということです。一般の保育園では従業員のニーズに応えてくれなかったとしても、企業内にある保育園であれば従業員のニーズに合わせた形で保育園の開園時間を設定することが可能になります。

企業の勤務時間が平日だけということであれば、保育園もそれに合わせて平日だけ開園しています。別の言い方をすると、企業が定休日であれば、保育園も定休日になるということです。定休日が土日祝日であれば、保育園も土日祝日が休みです。

休日に子供を預けたいことがあったとしても、企業が開いていませんので、それに準拠する保育園も当然対応ができないことになります。

企業内保育園の開園時間は月曜日から金曜日の9時から18時までというように、完全週休2日制のところがある一方で、月曜日から日曜日の24時間開園しているところもあります。保育園の開園時間は企業の勤務時間によって変わってくるということです。

保育園の開園時間に合わせる形で勤務をおこなえばいいです。例えば、平日しか開園していないのであれば、土日祝日は休みという風に考えてもらっても構いません。流通小売りやレジャー産業、不動産業界など土日に休むことができない仕事も中にはありますので、それに準拠する保育園でも同様に休むことができないと認識した方がいいでしょう。

こういうところでは、平日のいずれかの曜日が休日になりますので、最終的には週休2日制を保つことができるということです。24時間稼働している病院や工場の場合も同様になります。シフトに応じた形で勤務をおこなうことになりますし、シフトに応じて休日が設定されるということです。

24時間稼働の場合はシフト制になる

企業の勤務時間によっては24時間稼働するというケースもあります。例えば、工場内や病院内に保育園がある場合は、24時間稼働することになりますから、その場合はシフト制で勤務をおこなうことになるはずです。

24時間稼働しているわけですから、土日祝日も含めた形でシフトを組むことになりますし、日勤夜勤も含めた形になるということです。このような形の保育園であれば、日勤と夜勤が交互に入る形になり、勤務のリズムがバラバラになりますので、体調を崩さないようにしないといけません。

24時間稼働しているところは従業員が夜間に働かないといけないというケースがあります。子供がいるからという理由だけで夜間勤務をパスすることができないでしょうから、その時に子供をどうするのかということがネックになります。

その時に、子供を預けることができる保育園があればいいですが、一般の保育園では難しいでしょう。企業内に保育園があって、そこに預けることができれば、夜間に子供のことを気にせずに働くことができるはずです。

夜間保育のニーズに応えることで、従業員に寄与するということです。24時間稼働する企業内保育園の場合は、保育士を集めるのが難しいというのが現状です。ただでさえ保育士不足が叫ばれているという現状がある中で、24時間稼働している保育園に対応してくれる保育士はなかなか少ないです。

勤務時間が不規則になるということがネックに思われている節があり、特に夜間勤務に対応することができるのかどうかがポイントになってきます。夜間勤務に対応することができれば、その分だけ給料に跳ね返ることになりますので、お金の面では満足いくことができるでしょう。

求人票の募集要項をチェックする

企業内保育園はあくまで企業の稼働日に開園しているわけですので、それに合わせて勤務をおこなうことができる人が望ましいです。勤務時間や休日に関することは、求人票の募集要項にきちんと記載されていますので、それをしっかりとチェックするべきです。

企業によって勤務日や勤務時間が全然違ってきますので、どうしても特定の曜日を休みにしたいのであれば、それが叶うようなところで働いたほうが満足度は高くなります。企業内保育園は内閣府が推進していることもあり、従業員の福利厚生のためにどんどん数を増やしている傾向にあります。

企業の中にある保育園だから、一般の保育園と違って勤務が楽で、イベントがほとんどなく、家に持ち帰って仕事をすることがないと言われていますが、実情というのは保育園によって異なります。

自分が勤めたいと思っている保育園が本当に条件は叶っているのかどうかをよく確認することです。企業側の実情に合わせた形で、保育園の開園時間が決まりますので、そこの従業員のニーズに応えていく必要があります。

企業に合わせて保育園が設立されているということですので、企業によって保育の仕方などが大きく左右される可能性があるということです。良くも悪くも企業に左右されることがありますから、十分に注意をした方がいいでしょう。

土日にどうしても休みたいということであれば、それが叶うようなところを選ばなければいけません。求人票の募集要項をしっかりとチェックすることができれば、見逃すことは少ないはずです。

少なくとも、平日しか勤務時間が設定されていないのであれば、その他の曜日は休みである可能性があります。たとえ応募したとしても、面接の時に気になるのであれば質問をしてみればいいでしょう。

応募者も自分が働きたいと思っている保育園があるはずですので、それに相当するのかどうかを面接時にチェックすることができれば、ミスマッチを防ぐことにもつながります。

 

企業内保育園は企業の従業員のために設立されていますので、企業のためにあると言ってもいいでしょう。そのため、企業の勤務カレンダーによって、その中にある保育園の開園時間が決まっています。平日しか稼働しない会社であれば、保育園も平日しか開園していません。

その反面で、24時間稼働をしている勤務先であれば、保育園も従業員の求めに応じて24時間対応することが求められます。確かに、保育士の中でも企業内にある保育園は働きやすく、待遇がいいということもあって、とても人気があります。

ただ、保育園によってまちまちなところがありますので、土日に休みが取れるのかなども含めて良く求人票の募集要項をチェックすることをおすすめします。平日しか稼働しないところであれば、おそらく土日は休みになる可能性が高いですので、そういうところを狙ってみた方がいいでしょう。また、不規則勤務の職場では休日について確認をするべきです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧