企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園の運営委託の流れ

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/28

企業内保育園は近年になって急速に検討され、設置が進むようになってきました。

これは子供を預けて働く職員を支えることが最終的に企業のメリットになると考えているからです。

この考え方が浸透する流れの中で企業内保育園の設置が普及しています。

 

企業内保育園の運営を委託するメリット

一般企業に保育園の仕組みは有益なものですが、そのノウハウを持つ企業は極めてまれです。そのような場合には、専門的なノウハウを持つ外部の企業に運営を委託するという形での企業内保育園の実現が現実的である場合もあります。

また、そのようにしたほうがメリットは多いという判断を下す企業も増えてきており、企業内保育園の運営については専門の会社に任せるという方法が注目されています。社内でスタッフをそろえて対応するという考え方をする企業もありますが、様々な理由から外部に頼るという選択肢のメリットに注目が集まっています。

そもそも子供を一時的であっても預かって面倒を見るという行為は、専門的な知識と技術が求められる仕事です。そのため保育士などの専門職が存在しているのです。

そのような人材は必ずしも一般企業にいるものではありませんし、育成することができる環境もありません。そのため人材を豊富に抱えており、運営のノウハウや人材育成の実績が豊富な専門の会社に多くを任せるという考え方を持った方が上手くいくケースが多いのです。

そのようなことが知られるようになり、専門の会社への外部委託、または一部のみお願いするなどが行われています。

 

企業内保育園の運営委託をしない場合のリスク

企業内保育園を外部委託しない場合、いくつかの問題に直面することになります。その影響は実際に保育園を設立する前の段階で明確に実感するケースがほとんどです。

人材を確保するための活動で非常に労力を費やすことになります。これが第一のリスクです。企業内保育園の規模にもよりますが、一連の流れの最初の一歩として管理者や責任者にあたる人物を決めなければなりません。その際に現場の責任者として能力のある人材を確保するというのは大変な労力となります。

保育という新しい仕事に対する能力を的確に測定することができる人材が社内にいない場合、人材確保の段階で想定していたよりも大きく苦労してしまいます。

他にも職員の待遇で直接雇用する場合には雇用管理も必要になります。人手不足に対しては追加の採用活動が必要になることもあるでしょう。これらは全て大きな負担という形でのしかかりますので、専門性の高い外部の企業に任せてしまった方が間違いも少なくなりますし、安心できます。このような事情から社外の専門家を活用しないのはリスクであると考える場合もあります。

 

コストを考えるからこその運営委託

外部に運営を任せるという話を聞いた際に、最初に考えてしまうのはコストではないでしょうか。外部の専門家に協力を仰ぐ場合や、力を借りる場合には、それ相応のコストを必要とするというのが一般的な考え方です。

そのためコスト増を恐れて外部の専門家に相談するという発想を早々に放棄してしまう場合もあると言われています。しかしながら実際に確認をしていくと、内部で対応をするよりも安いコストでの保育園運営の実現を可能にするということがわかります。

専門の会社に委託をする場合には余計な費用が掛かってしまうということをイメージしがちではありますが、そうすることによって社内で対応する必要のないことがたくさん生まれるということを知っておくべきです。

例えば保育園に必要な人材確保のための活動に関する部分は大幅に削減することができるでしょう。教育に関するノウハウがない場合でも、特に心配することなく任せることができます。このあたりのコストは見えにくい部分ではありますが、保育園を維持するためには必要不可欠であり、手間のかかるものなのです。

 

運営委託の第一歩は信頼できる会社探しから

そのような企業内保育園を外部に任せようと考えているのであれば、最初にしなくてはならないのは信頼して任せることのできるパートナー探しです。そのような活動を請け負ってくれる企業の中から、信頼のおけるサービスを提供している会社を見つけなくてはなりません。

そしてそのために必要なコストについても自社内で想定している範囲内に収まるようにしなければなりません。このような検討には時間をかける必要があります。

保育園を社内に作るということは決まった流れというものがあるわけではありません。それぞれの得意としている形というものがありますので、自社の求めている条件により合致しているサービスを提供しているかどうかに着目して検討をする必要があります。

選択肢は豊富にありますので、それらの中でより良いものを探していく作業は重要です。その過程で信頼のできるパートナー、またはパートナー企業を見つけることができるかどうかが非常に重要なものであると言えます。そのための時間を惜しまないようにすることが良い保育環境を作るためには重要です。

 

ハード面の様々な問題と対策について

一般企業等が社内に保育園を作ろうとする場合、専門的な知識なしに保育室を作るケースがあります。しかしながらそのような試みは後から失敗だったという結末に至ることが少なくありません。

どのような規模の保育をどのように行うのかというビジョンが明確にあったとしても、そのためのノウハウがない環境下では、なかなかうまくいかないものです。特に設備面に関してはしっかりとした経験と実績がある人物が中心となって活動できるかどうかが重要です。

この様なハード面の問題については外部に任せることで解決する部分が少なくありません。豊富な経験を持ったスタッフのサポートを受けるという目的であれば、外部の専門家を頼るというのは最も効果的な方法の一つです。

この方法を採用することにより、自力では達成が困難な課題についても速やかに解決することができる場合も多いです。このような流れを作ることができるのが経験豊富なパートナーとの協力です。

豊富な経験と実績を役立てることで、より良いものを作り出すために利用するのが企業内保育園の外部委託という仕組みなのです。

 

ソフト面の様々な問題と対策について

人材の維持と確保は非常に重要な問題の一つです。特に人材の採用と育成については経験が必要になるものであり、企業内保育園を作ろうとしている一般企業にとってはハードルの高いものです。

その様な問題に関しては、運営の外部委託という仕組みは多くの部分を解決してくれる非常に魅力的なものであるということが言えます。魅力的という以上に、自社では解決困難な多くの問題を解決してくれる非常に重要な要素でもあります。

この様なソフト面の問題は専門的に活動をしている保育園でも抱えている人材不足の問題が大きくイメージされますが、様々な保険などのリスクマネジメントも含まれています。企業内の保育園の場合には外部の子供を預かることは想定していない場合が多いですが、それでも様々な事故の可能性には配慮しなくてはなりません。

そのような部分にもしっかりとしたサポートをしてもらえるというのが魅力的なポイントです。このようなソフト面でのサポートもしっかりと行ってもらえるのが、外部のパートナーに任せる際の大きなメリットであると考えることができます。

 

企業内保育園については社会のニーズに合わせて今後も拡大していくことが期待されている分野です。しかしながらそのためのハードルが多いのも事実であり、外部のパートナーとの連携が数多くの問題を解決する切り札になり得ます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧