企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園を委託するメリット

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/16

会社で働いている人にとって子どもを預けられる場所がないと、ほとんどの人が退社や育休もしくは勤務時間を減らして働くことしか方法がありません。

しかしそこで企業内保育園というものがありますのでここでは利用する際のメリットをご紹介していきます。

 

企業内保育所があったら働きやすくなる

働く人にとっては保育園へ入園できたとしても、預けに行ったり迎えに行ったりする時間だけでも大変なものです。自分が通勤している会社に企業内保育園があれば送迎にかかる時間も削減することができて、その分少しでも仕事が進むというメリットがあります。

通常の保育園は預かってくれる時間帯が決まっていて、どうしても迎えが難しい時でも仕事を切り上げて行かなければなりません。企業内保育園があればその企業の勤務の形態に合わせて預かってくれるため、時間に追われて焦りながら仕事をすることなくなります。

早く終わらせないといけないと焦れば焦る程、スムーズに仕事は進みません。近くに預けているからすぐに行くことができるという心の余裕も、よい仕事を行うことに繋がります。

身体的な労力や時間に追われる精神的なプレッシャーも企業内保育園のお陰で解消されるのは大きな魅力です。会社で働く社員に少しでも、快適に働いてもらいたいという気持ちやできるだけ長い時間勤務してもらいたいというお考えの経営者の方は、企業内保育園の導入検討してみると人手不足の悩みからは解消されるでしょう。

 

企業内保育園を委託すると良いことは?

企業内保育園を委託すると保育の専門性を向上させることに繋がります。企業の保育では託児所のような扱いになっている場合も多くあり、託児所の場合は子どもを預かるのがメインになってしまいます。

そのためイベント行事や保護者会が未開催であることや、保育プログラムのマンネリ化や簡素化がされやすい傾向にあります。そこで児童福祉施設最低基準の規定に基づいて設立された所に委託をすることで、先程申したデメリットはなくなり、保護者のニーズや子どものニーズに対応できて教育体制が構築されます。

今では託児機能を満たすだけの保育園でなく教育機関としての役割を果たす保育所も出てきています。想像力や表現力を養うとされているリトミックや国際感覚を育てることができる英会話教室の他にも子ども達の可能性を広げる体操教室など、様々な教育プログラムが取り入れられていて他の保育園と比べても劣ることがないため、安心して企業内保育園に預けることが可能です。委託を受ける会社は保育園の運営をいくつかこなしてきており、プロに任せた方がよりよいものになります。

 

企業内保育園には運営受託会社が必要

企業内保育園を委託するには先程申したような運営受託会社が必要であります。このような会社に頼むことで、保育園の開設を検討している企業に対して、開園や実際の運営までずっとサポートをしてもらえます。

自治体によっては助成金が出るところもあり、ある場合は申請についてのアドバイスや援助も行なってもらえるため、企業内保育園の開設が初心者である方も質問しながら安心して運営をして行くことが可能になります。

使う人や企業の意向や状況に合わせて運営することができるようになり、各企業にあった特別な保育園が出来上がります。今まで他の企業の保育園を作るのに携わってきたプロのノウハウを学んで、失敗しない企業内保育園作りを実現させることで、福利厚生の充実に繋がります。

働く待遇がよいと素晴らしい人材の確保もできます。今は運営受託会社がいくつか出ていますから、特徴や方針の他にも実績を見て自分の会社とバランスが取れている運営受託会社を選択するとよいです。今働いている社員がどんな保育サービスを望んでいるのか、調査をしてじっくりと検討しましょう。

 

自社で運営するのと委託するのとは何が違うか

自社で保育園の経営を行なっている場合は保育のサービスを自社で考えて、提供しなければなりません。会社に委託した場合は、保育所保育指針に基づき年齢に合わせて方針が計画されます。間違いなく安心した保育サービスが受けられます。

立ち入り調査がある場合も、自社の場合は自分たちで相手をしなければならず、その時間がとられてしまって何日間の間は仕事ができないということも生じますが、委託の場合はそのような行政の対応も依頼した会社が主に対応してくれるため、手間と時間の削減にも繋がります。

他にも預けている保護者はその企業で勤めている人であるため、何か意見を言いたい時も自社の経営の場合は申しにくい点も挙げられます。他の会社に頼めば保護者からサービスに対する評価も行いやすくなります。

一番の違いは、自社の場合保育士の採用基準や教育のノウハウをすぐに取得することが難しく、蓄積するのに時間がかかります。保育士の教育や採用に関しても受託会社に任せることができるため、短期間で質の高い保育所が完成されています。

自社経営に比べるとコストはもちろんかかりますが、働いている人が安心して任せられるようにすることは大切です。

 

委託は企業イメージアップにも繋がる

働いていたが、出産を機に一度退社した女性は少なくありません。小さいお子さんを育てる女性が、まず探すのは企業と連携している託児所があるかどうかです。子育てしながら仕事も頑張りたいと考えている女性は、委託の保育経営をしている企業に魅力を感じます。

そして自分の子どもには将来有望になってほしいと願うのは、どんな保護者でも考えることです。企業の託児というと子守してもらうだけというイメージが強く根付いていて、預けるのが不安という人も増えてきています。自分が仕事で預けるだけの幼少期を過ごしてしまったばかりに、何も体験させてあげられなかったという不安を解消してくれるのが委託保育園経営です。

保育園や幼稚園と変わらない教育を受けられれば、働きながらも安心できます。この企業はそういった社員の気持ちを、考えてくれる福利厚生があるのだということはイメージアップです。

女性だけではなく、現在働いている男性社員に子どもができた時も、共働きを考えているのであれば大変便利なものになります。父親の会社帰りに子どもも連れて帰ってきてもらえるのは、家事も行なっている女性も助かるはずです。

 

企業内保育園はスタッフの意識が向上される

福利厚生の一つで企業内保育園が開設されることは、スタッフの満足度とともに意識向上にも繋がります。スタッフに意識が向上するとどのようなメリットがあるかというのは、ご存知の方も多いでしょう。

満足している会社のスタッフは全員が前向きで生き生きしています。育児や仕事に不満がないことは素晴らしい開発やアイデアを生み出すきっかけとなります。

子どもの様子や迎えの時間が気になるなど、他のことを考えていてはいい仕事はできません。いい仕事をスタッフにしてもらうためには、まず経営する側がその環境を整えて与える必要があります。

そうすることでスタッフの才能は開花されます。今や企業は女性のアイデアも参考にしていくことが、売り上げアップに繋がることも多々あります。

そのような大切な人材を子育てという理由で失ってしまわないためにも、できるだけ福利厚生を考えましょう。お金はかかりますが、大切なスタッフに長く働いてもらえるために必要なところには、しっかり投資して良い会社で質の高い仕事を行なっていくことが成功への近道になります。

 

大切な社員のプライベートや環境を守るための保育園経営は、メリットが多いです。自社で保育園を経営するのが難しい場合は、その道のプロに任せてみることが最善の選択になるでしょう。福利厚生にお金をかけることは、会社の将来への投資と同じになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧