企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園を地方の企業で導入する際の苦労

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/28

企業内保育園の設置は働きやすい環境を作ることを目的として、手厚い助成制度を活用することで促進されています。

しかしながら地方でこの制度を利用する場合には導入に際していくつかの注意点があります。

怠ることで苦労につながる場合もありますので注意が必要です。

 

人材確保の問題が最初の課題

まず最初に苦労をすることになるのが人材確保の問題であると言われています。保育士の資格を持った人材自体は少なくありませんが、保育園の運営を経験したことのある管理者となると話が変わってくるでしょう。

資格を持っていれば誰でも良いというわけではありませんし、大切な子供を預かることになりますのでそれなりにリスクのある仕事になります。ただ単に子供と遊んでいる仕事と認識している場合もあり、そのハードルの高さについて後から気が付く場合などには特に大変なことになり得ます。

この辺りの問題を直視する場合、保育園という仕組みに十分な知識がない場合においては苦労をすることが多いです。地方の場合には需要の関係から管理者経験のあるスタッフを見つけるのは大変なことになりがちです。

そのため企業内保育園実現のためには、サポートしてもらうパートナー企業との連携が有効に機能することになります。人材の確保はもちろん、それぞれの企業の実情に合った企業内保育園の形について適切に助言をしてくれる専門家としての立場から有効な助言をしてくれることになるでしょう。

 

需要を正確に把握することが出来るかがポイント

企業内保育園を設立する流れは全国的に推進されていますが、必ずしもすべてがうまく行っているわけではありません。目標としてきた稼働率を下回ってしまっているケースもあり、設置前の段階である程度正確な需要を把握していくということが重要であると考えられています。

需要の把握とはもちろん、どのような年齢の子供たちをどの程度預かることが最も企業にとってプラスになるのかという具体的な数値の把握が対象になります。需要は変化するものであるため、地方の場合は特に周辺環境も含めた予測も大切です。

この数値の目標を見誤った場合、需要のミスマッチは稼働率の不振につながることになるでしょう。ある程度企業側の持ち出しという形で企業内保育園の設立を進めることになりますので、費用対効果については期待に応えたものにしていくことが重要です。

このための調査にはしっかりと時間をかけて行い、需要に見合った設備投資をすることにこだわる姿勢が必要です。大きければよいというものではありませんし、企業の活性化を最大限引き出せる規模を専門家と一緒に考えていくことが重要な判断の分かれ目になります。

 

ニーズに合った保育を実現できるかどうかも重要

保育園と一口に言っても、年齢によって様々な違いがあります。0歳から1歳までの保育と、それ以降の保育では求められるものも違いますので同じ部屋で一緒にというわけにはいかないこともあります。

そのため、企業内保育園として求められている保育の内容がどの程度のものになるのかについては正確に把握するように努めなければなりません。それこそが企業内保育園に求められるニーズの調査であり、それを実現することによってはじめて企業の活性化という目的につながっていくことになります。

企業内保育園を設立すること自体は以前に比べてハードルが低くなりました。その背景には行政からの要請やサポートなどが充実してきていることも無関係ではありません。

しかしながら保育園の設立と問題の解決は、必ずしもイコールにはなり得ないということは多くの失敗事例からも明らかになってきています。現在とこれから発生する可能性のあるニーズを的確にくみ取って、それを実現させるためにどうするのが良いかを真剣に検討していくことが重要な側面になってくると言えます。

 

目的を達成するための企業内保育園にできるか

企業内保育園を設立する目的には様々な種類のものがありますが、最終的には働きやすい環境を自ら作り出すことによって企業の活性化を行うというものに行きつきます。そうであるからこそ多くの企業がこのような保育園設立の流れに出資をするようになってきていますし、実現するようになってきました。

そのため企業内保育園はその目的を実現するためのものであるべきなのです。一般的には働きやすい環境づくり活性化を促進するための仕組みをベースとしたものになると考えられます。

その様な目的の具体的な部分については企業によって異なる場合も多いと考えられますが、それらのニーズを的確に集めて実現のための工夫をすることが企業内保育園の仕組み作りの成功のための必須条件となります。単に保育園を作るだけ作って利用する従業員を待つだけでは、経費ばかりが掛かって成果を得ることが難しいものになってしまうでしょう。

働きやすくするためにはどのような仕組みにすれば良いのかを柔軟に考えることが出来るのが、企業で運営をするという最大のメリットになります。

 

世間のニーズは長期保育ができるかどうか

企業が運営する保育園に限らず、子供を預けて働きたいと考えている親にとって重要視されているのは長期間保育を行ってくれるかどうかという仕組みです。これは時間的な長期の場合もありますが、就学するまでの6歳までを如何に対応してくれるかという点に集約できます。

そのため世間一般のニーズでは6年の保育が求められていると言えます。この傾向は地方でもあり、対応するように考えることが求められます。 この様な対応については言葉で言うほど単純なものではなく、様々な困難が待ち受けているものになります。

0歳児の保育と就学前の6歳児の保育では求められるものも必要なものも違いますで、それらを同時に満たすためにはどうすれば良いのかという観点が必要になります。限られたスタッフとスペースで対応するために、小規模な保育園の場合には幼稚園との住み分けが行われている状況もあるのです。

社会性を身に付けるためにも有効な仕組みであると考えられますし、この役割までを企業内で引き受けるのが有益であるとは限りません。しかしながら、この様なニーズが存在しているということ自体は考えた上で検討を深めることが求められます。

 

ニーズに合わせた保育を提供するためのハードル

保育園を活用する場合、そこには様々なニーズが存在しています。自分自身が働いている間、安心して預かってもらえるということはもちろん、様々な不測の事態にどれだけ対応可能であるのかについても重要なポイントがあります。子供を中心とした生活にならざるを得ない子育ての世代にとって、そのような負担を如何に軽減してもらえるのかが働きやすい環境づくりということに直結します。

そのため子供を預ける側のニーズを如何に汲み取っていくかが重要です。地方の場合にはスタッフの数的な上限の問題も、需要に関しても限界があると考えておく必要がありますので、企業内のニーズだけを考えるのではなく周辺の状況も丁寧に加味した上で検討していく必要があります。地方には都市部とは異なる配慮も必要になってくるという現実がありますので注意が必要です。

企業で運営する場合には一般的な保育園にはない仕組みを付加することによって利用率を高めると言った考え方が有効であると考えられており、その実現と内容について丁寧に考えていく作業が必要不可欠になります。

 

地方での企業内保育園には都市部とはまた違った配慮が必要になります。地域の活動の不足部分を補う形で運営することがメリットになることが多いですが、その辺りも利用者のニーズに合わせて調整すべきであると考えられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧