企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園は夜間保育できるの?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/04/12

企業内保育園は働きやすい環境作りのために有効な手段として多くの企業で導入されています。ここでは企業内保育園の夜間保育についてをご紹介していきます。

 

 

企業の状況に合わせた対応が可能になる

一般の保育園では子供を預かることができる期間に制約がある場合が少なくありません。そのため子供を預ける親は、特定の時間までに迎えに行かなければならないということが発生します。そのことが業務上の制約になることも少なくありませんので、外部の保育園を利用する場合には働き方にも制約が出てくるのが一般的です。

一方で企業内保育園の場合には、自分の企業の特性に応じた細やかな対応を柔軟に作り上げることができる点が最大の特徴です。極端なケースとしては病院のように24時間運営する女性の多い環境では、24時間保育の対応を検討することができる数少ない手段となる場合もあります。このような極端なケースでなくても夜間の対応ができるということが企業内保育園の魅力の1つになります。

仕事の状況によっては残業が必要となる場合もありますが、外部の保育園では残業の対応が不可能になることも多いものです。仕事の柔軟性を高めると言う点において、企業内に保育園を持つと言う事は働きながら子供を預ける親の立場にとって、非常にメリットのあることであると考えられています。

 

延長保育にも柔軟に対応することができる点が魅力

一般的な保育園の場合には決まった時間内で子供を引き取りにいかなければならない仕組みになっているのが普通です。さらには子供の体調不良が発生した場合には、保育時間中であっても引き取りに行く必要があることがあります。これは他の子供の安全に配慮すると言う観点からは当然の要求になるのですが、働く親にとっては大きな枷となることがあります。

企業内保育園の場合には、社内の事情にもよりますが子供の体調不良があった場合でも社内で面倒を見ることが可能になる仕組みを作ることができます。腹痛の子供を預かる場合には相応の配慮が必要になりますが、働く親の立場に立った細やかな対応をすることができる点が大きな違いです。

このような柔軟な対応を可能にすることができるのが企業内保育の最大のメリットの一つであると言えるでしょう。このような対応を可能にするためには対応することのできるスタッフ数を確保するなど課題もあるものですが、その条件をクリアしていくことにより様々な問題に対して対応することができる体制を整えることができますので、働きやすい環境作りのためには大いに役立ちます。

 

夜間の対応は企業の事情に合わせて検討可能

外部に保育を委託する場合には、その保育園の事情に応じて対応することが求められます。一方企業内保育園の場合には企業の実情に合わせて最も意義のある対応を選択することができます。

主に検討されるのは夜間保育や延長保育ですが、現場のニーズに対応した最も効率的であると考えられる仕組みを自ら作ることができるのが大きなメリットです。一般的に考えられているのは、夜間の対応であっても決まった時間まで延長することができるという仕組み作りです。特定個人の残業に対応するために保育園を開いておくと言う事は非効率な場合もあり得ます。

そのため会社の仕組みとして、何時までは延長可能と言う仕組みをあらかじめ作っておくことにより効率化を図ることができます。この点が外部の保育園との大きな違いであると言えるでしょう。24時間運営する保育室を作る場合を例外とする場合、最適化された仕組み作りを可能とするのが企業内保育園の特徴です。

コストと天秤にかけて最も成果の上がる仕組み作りを自ら進めることができます。この点が働きやすさを作り上げる上で最も注目されているポイントです。

 

夜間対応のコスト意識は持っておく必要がある

企業内保育園は企業の生産性を高めるために導入される仕組みであるべきです。そのため夜間保育や延長保育を行う場合であっても、単純な残業対応に対応するために利用されるのは適切ではないと言えるでしょう。働きやすい環境作りをすることによって生産性を最大に高めることが目的であるため、あらかじめルール作りをしっかりと行うことが求められます。

このような仕組みが検討されるケースとして一般的なのは、通常勤務の時間帯が夜間に及ぶ場合が多いと考えられています。一般の保育園が子供を預かることができない時間帯に業務時間が及ぶ場合、その時間帯まで子供を預かってくれると言う仕組みを用意することが働き方に幅を持たせると言う意味で親の支援につながります。

そのような親を労働力として活用することができる点が企業内保育園を運営するメリットとなります。 したがってどのような仕組みで運営するのが最も効率的であるのかについては、あらかじめ綿密に検討することが求められます。単純に夜間長く運営していると言うことが企業のメリットにつながるわけではないと言う点に配慮しましょう。

 

生産性を最大にするためのポイントを明確に

企業内保育園を設立する場合、運営費用を内部で持つことになるのが一般的です。子供を預ける親から一定金額を徴収する場合はありますが、その金額だけで運営費を維持することができないのが基本となります。そのため企業の持ち出しで運営することになりますので、費やすコストが最終的に企業にとってメリットとなるような仕組みでなければなりません。

さらには、保育園を運営することによりどのような恩恵を受けることができるのかについては、あらかじめしっかりと検討すべきです。子供を受け入れるためには子供を預かる保育士等のスタッフや、必要に応じて調理の環境や保険が必要になります。これらのコストをあらかじめ試算し、得られるメリットが経営上有益であることを確認しておく必要があります。

この問題をクリアしておくことが企業内保育園を運営する上での必要最低限の条件となるのが一般的です。単純に子供を育てる親の為だけでは維持することが難しいものであるということを認識しておく必要があります。運営については複数の子供を受け入れることを想定し、一定のニーズを確保することも重要な要素になります。

 

保育士の確保と法的な問題について

子供を預かる場合、そのために必要な設備やスタッフを揃えることも企業内保育園を運営する上で大切な準備の1つになります。経験豊富な保育士と、子供を預かるために適切な環境作りが最低限必要になります。

また、安全確保や不測の事態に備えて、各種の保険をかけておくことも考えておくべきでしょう。企業内であっても責任の問題はありますので、一般的な対応を検討するべきです。夜間の保育を行う場合、様々な制約を受けることになる場合がありますので、法的な手続きについてはしっかりと確認しておくことが重要事項となります。

内部の子供だけを受け入れるのか、外部の子供の受け入れも行う可能性があるのかについては明確にしておく必要があります。このように保育園の運営をすることができるようにするためには豊富な経験を持つスタッフが不可欠です。

このような仕組み作りができることを前提として企業内保育園の運営に着手することが求められます。良い環境を作ることによって初めて子供を持つ親の生産性を最大限に発揮させ企業の利益につなげていくことができます。

 

企業内保育園のメリットは子供を預けやすい環境を作ることにより社員の生産性を最大にすることです。そのためにはどうすれば良いのかということをしっかりと計画することが何よりも重要となります。

コストもかかるため、最も効率的な仕組みづくりが重要です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧