企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園に転職するためのアピールポイント

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/03/31


保育園で働いている人が転職を希望する場合には、通常の保育園とは違うタイプの職場を探すこともできます。企業内保育園もこうした保育園の一つですが、一般の保育園とは違う独自の魅力があるので、転職先としても人気があります。ここでは、企業内保育園に転職する際にアピールした方がよいポイントについて詳しく紹介します。

保育園で働いた経験をアピールする方法

企業内保育園に転職を希望する人にとって最適なアピールポイントは、前の仕事の経験を伝える方法です。他の保育園で働いた経験がある人にはとくに効果的な方法で、即戦力として認めてもらいやすいのがメリットです。この方法でアピールをする場合には、どのような保育園で働いていたのかを具体的に説明することも重要なポイントです。

世話をしていた子どもの数なども重要なポイントになり、企業内保育園の規模と同じような大きさの保育園で働いていた人の方が、企業も雇用しやすくなります。働いていた年数なども重要なポイントになり、長期間同じ職場で働いていた人ならば、経験の多さを効果的にアピールできます。

さまざまなタイプの子どもと接してきたこともアピールしやすいポイントで、企業内保育園でもさまざまなタイプの子どもが預けられることから、多くの子どもに接してきた人の方が、企業も安心して採用できます。複数の保育園で働いた経験のある人の場合には、それぞれの職場で学んだことをアピールすることも効果的です。

保育園以外で働いていた人もアピールできる前職の経験

企業保育園に転職を希望する人の中には、保育園以外の場所で働いていた人もいるかもしれませんが、このような人の場合にも、前職の経験は効果的なアピールポイントになります。保育士としての経験がない分、転職に不利になることもありますが、働いていた仕事の内容によっては、転職が有利になる場合もあります。

企業の別の部署で働いていた人が、その会社の企業内保育園に転職できる場合もありますが、こうしたケースにおいても前職の経験が役に立つことがあります。企業内保育園の人事を担当している人も、その企業のことをまったく知らない人よりは、企業のことに詳しい人の方が採用しやすいので、効果的なアピールポイントになります。

保育士と似たようなタイプの仕事をしていた人も、仕事の経験ということでアピールできます。看護師として働いていた人などは、看護の仕事で学んだことを保育の仕事でどのように生かせるかをアピールでき、どちらも人と接する仕事であることから、共通点が見つけやすいのがメリットです。

企業のことをよく知っていることをアピールする方法

企業保育園に転職を希望する場合には、その企業のことをよく知っていることをしっかりとアピールするのも、重要なポイントです。企業保育園を運営しているのはその企業であることから、一般の保育園とは異なっている部分もありえますが、企業のことをあらかじめよく知っておくことで、採用された後に働きやすくなるメリットがあります。

企業保育園で働く場合、世話をするのはその企業で働いている従業員の子どもですが、子どもの親がどのような仕事をしているのかを知っていれば、保育の仕事にも責任感が持てます。採用を決定する人事担当者にとっても、自社のことをまったく知らない人よりも、会社のことに詳しい人の方が好ましく感じるものです。

一番よいのは保育士としての経験があって、その企業のこともよく知っている応募者ですが、そうしたことを面接などでしっかりとアピールできれば、採用される確率も高くなります。そのためにも面接の前には、企業の情報をあらかじめ収集しておくような努力も必要になります。時間をかければかけるほど、企業のことをより深く知ることができます。

子どもが好きであることをアピールする方法

子どもが好きであることをアピールすることも、企業内保育園に転職するためには重要なポイントです。企業内保育園といっても、一般の保育園と同じように子どもを世話することが重要な仕事になるので、子どもが好きな人の方が、企業の人事担当者にも好意的に見てもらえます。

仕事として子どもの世話をしているのではなくて、子どもが好きだからこの仕事を選んだというように、わかりやすくアピールするのが重要なポイントです。子どもを世話することに熱意を持っていることが採用担当者にも伝われば、採用される可能性もそれだけ高くなります。

なぜ子どもが好きかをしっかりとアピールすることも大切なポイントで、ただ漠然と子どもが好きだというよりも、意味のある理由があった方が面接の対応としては最適です。子どもはこれからの日本を支えていく大切な宝物なので大切にしたい、というような理由をあげることもできます。ただ子どもが好きというよりも、こうした理由を一緒にあげることで、社会的な問題に対する関心も高い人間であることを効果的にアピールできます。

企業内保育園を選んだ理由をアピールする方法

なぜ企業内保育園を選んだのかということを伝えることも、転職をする際には重要なアピールポイントになります。保育士の資格を持っていれば、一般の保育園で働くこともできますが、なぜ一般の保育園ではなく、企業内保育園を選んだのかという明確な理由を、採用担当者に伝えた方がよいでしょう。

人によっても企業内保育園を転職先に選ぶ理由はさまざまですが、給料がよいので転職を希望する人も中にはいるかもしれません。しかし、そのことだけを志望理由としていうと、相手に悪い印象を与えてしまう場合も多いので、それ以外の理由もしっかりとあげられるようにしておくことがポイントです。

その会社に雇用されている人が安心して働くことができるように、子どもを世話する仕事がしたいので、転職先として選んだというアピール方法もあります。子どもを育てながら働いている人にとって、勤務中に子どもを世話してくる人は非常に大切になるので、子どもを預ける親のことまでしっかりと考えてくれる人の方が、採用担当者にとっても魅力的な人材に見えます。

その企業を選んだ理由をアピールする方法

企業内保育園に転職を希望する場合には、なぜその企業を選んだのかをわかりやすくアピールするのも重要なポイントです。企業内保育園を転職先として探すときには、複数の企業にて保育士で求人を見つけられる場合もありますが、その中でなぜその企業に応募したのか、しっかりとした理由を人事担当者に説明する必要があります。

数ある企業保育園の中から特定の企業を選んだことには何らかの理由が存在するはずですが、そうした理由を面接などで担当者にはっきりと伝えることで、志望の動機を相手に充分理解してもらえます。その企業のことが好きであるということも、求人に応募した理由として立派なアピールポイントになります。

普段から商品をよく購入している会社の企業内保育園に転職をしたい場合にも、そうした企業への思い入れを面接でアピールできます。企業に対して何の関心も持っていない応募者よりも、企業に対して強い愛着を持っているような人の方が、人事担当者にとっても好ましい人材なので、採用される確率もその分高くなります。

 

企業内保育園に転職したい場合のアピールポイントについて紹介してきましたが、どれも転職を成功させるためには重要なポイントになります。一つだけでなく、複数のアピールポイントがあった方が、より効果的に自分のことを採用担当者にアピールできます。面接の前にはしっかりと準備をしておくことも大切で、伝えたいことまとめておく方法もおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧