企業内保育園・事業所内託児所の開設運営支援会社5社をランキング形式でご紹介!【会社や病院内保育所の委託・設立に評判!】

企業内保育園で働く人の年齢はどのくらい?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

はたいている従業員でも結婚をして子供が生まれた場合に、企業内保育園としてサポートをする企業が目立つようになってきました。育児と仕事を両立させるために少しでも助かる制度なので、保育士などの求人倍率も高く働いている人の年齢も気になるところです。

保育士として求人案件の増加

企業内保育園は少子化の影響や企業として優秀な人材不足が起こらないようにするための対策として、少しずつ広がりをみせている育児サポートといえます。国や行政からの支援もあるので認識が高くなってきている地域もありますし、なによりも子育てをしながら働ける環境は女性にとっては大きな意味を持っています。

保育には家庭に変わって養護する義務があり教育の一環として存在するので、家庭としては預けることによって社会性をもたせることも適切かもしれません。また企業内保育園は主に少人数で運営されているので10名前後の人数ということからも、保育士における仕事量では安心してみることができる職場です。

仕事量が少ないから楽という意味ではなく、それだけ安全確認をしながら保育することができるので、保護者から考えても全体に目を通すことができるのは助かります。企業がそのまま運営しているケースや委託運営を任せるケースがあるので、給与が一般の保育園と比べると高いということもいわれています。

こういった背景から運営が一流企業だとそこの社員と同じ扱いで給与が支払われることもあり、保育士としての年収なども高くなることも少なくありません。そのために企業内保育園の求人募集があるとたくさんの人が募集をしてくるので、面接でもキャリアを重視したり倍率が高くなることあります。

働き方としては理想の形をとれることからも保育士としてのやりがいを感じることができることや、イベントなどの忙しさから解放される企業もあるのでストレスも少ないです。働き方にも変化をつけることができるのは、時代に対応した企業の理念からきていることもありますし、委託されている保育園でも同じ考えができています。

働いている人の年齢とキャリアが気になるところ

企業内保育園ということである程度は一般的な保育園との差別化がわかるとおもいますが、保護者が近くにいる環境ということではお互いに助かります。

病気やケガなど緊急なことがおこったとしてもすぐに駆けつけられますし、自然災害が発生したときにもすぐにサポートできる体制が整っているからです。保育園としての機能は通常と変わらないことからも、保育士は保育計画や指導書を作成しなくてはいけないので、人数によって対応できます。

また運動会や遠足などのイベントや行事計画では企業で参加できない可能性があるので、行事を中止しているところもありますので異なるケースも考えられます。働く環境のシフトや業務調整では残業になることもありますが、毎回のようにあるわけではないことや業務調整をすることも比較的やりやすいのも特徴です。

担当する保育士の人数が少ないですがクラスサポートをみんなでやっているため、他の人とのコミュニケーションをとりやすいというメリットがあります。人数が多いところになると保育士といってもグループができやすく、先のことをみても仕事がやりづらい環境につながってしまいます。

そうならないようにするには、少人数でコミュニケーションがとれているほうが仕事の意思疎通がいきやすく、なにかと精神的なストレスを受けにくいです。

では保育士の年齢やキャリアではどのようになっているのかというと、少ない人数から「保育士」「主任」「園長」という役割がわかりやすくなっているケースが多いです。園長や主任の位置に1人ずつ配置して保育士と連携を取っていくか、また主任と保育士だけでサポートを回していくこともあるので簡易的な感じがしますが、機能しやすい体制といえます。

トップダウンがわかりやすく保育士は若い先生でも構いませんが、やはり園長や主任となると経験値10年などのキャリアがあると安心できます。そのために働いている人の年齢は、役割によって変化して若い人では新卒採用もありえますし、主任クラスでは経験値20年という超ベテランなども採用されるケースもあります

こういったベテランがいることでスムーズな運営ができることや、ベテランのキャリアとして保育という擁護する役割を臨機応変に対応することができるので、重宝されるのも預ける側のメリットです。

若い保育士がベテランと一緒に働いていくことで仕事を覚えることができ、容量を覚えていくと日々成長できる環境になるので、スキルアップすることが早いのもあります。こういった経験値は体験することや間違った対応などがその場で修正できるので、保育士としてのやりがいになっていくことはいうまでもありません。

このような背景から企業内保育園の保育士の平均年齢では30歳から35歳くらいの保育士がチームを組んで活躍するイメージでいれば間違いありません。

研修制度でスキルアップなどやっている

保育士のスキルアップには主任者保育士という位置があるのですが、これは勉強をしたり試験をして受けるような特別な資格ではありません。運営会社や園が選ぶ基準を設けて認定するので、主任になるための条件というのは働いている環境によって違いがあります。

基本的な主任へのスキルアップには勤務年数や経験が優先されることになり、10年以内で主任へ就任できるところもありますが、厳しい環境であれば20年以上勤務というケースもあります。

もちろん給与などに反映されることや転職をするときにも勤務年数や経験が優先されるので、スキルやキャリアアップしておくことは損ありません。企業内保育園の保育士がスキルアップやキャリアアップしていくには、実は一般の保育園よりも厳しくみられることもあり、研修制度を設けているところもたくさんあります。

保育士としての高い専門的知識をもち能力を身につけることで、より子供たちに接することの専門性が増しますし、なによりもスキルアップすることで自信をつけることができます。今後のことを考えるとスキルアップしていく内容にも、乳児保育があったり、専門知識がいる障害児保育などもスキルとしては高いものがあります。

また現代社会のキーポイントとしては「食育やアレルギー」に関する知識をもっていなくては保護者から安心してもらうことができないです。食べ物のことは命にかかわる可能性が高く安易に考えてはいけない項目でもあり、知識としてスキルアップをしていくことで経験値が高くなります。

保護者から支持されるのは保護者支援や子育て支援ということで相談に乗ってもらうことができることもメリットで、企業で働きながら保育現場に近いことの悩みなどもあります。研修制度でスキルアップやキャリアアップをしていくことで、年齢に対する引け目を解消することができるのは保育士として自信になります。

 

企業内保育園における保育士の需要は広がりをみせているために、女性が働きながら子育てをする環境が整ってきている時代です。そのために保育士の求人も増加していますが、働いている保育士の年齢なども知っておくと安心することができます。

若い先生で対応することもありますが、もちろん主任クラスでベテラン先生もついていることが多く、平均しても30歳くらいになっていることもあります。また研修制度でスキルアップやキャリアアップができる環境を作っているところもありますので、さまざまなサポートができるようになっているのも特徴です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧